数学塾MeTa

MeTa.inc

フリーデスク会員

利用目的:ワークスペース

広い空間とコミュニケーションを求めてenspaceへ

仙台

数学塾MeTa 春日 幹雄様

■事業内容
高校生対象の数学専門個別塾 「仙台唯一の数学専門塾」を掲げ平成30年に起業し、令和2年4月に法人化。 代表・講師ともに現役の東北大学生。 完全マンツーマン指導で考える力を養うことにより数学克服を目指す。 現在はオンライン授業を導入し全国に展開。
■企業HP:https://metajuku.com/

高校生対象の数学専門個別塾

まずは御社の事業内容を教えてください。

高校生対象の数学専門学習塾を経営しています。現在、講師は6名、生徒は26名です。これまでは仙台市内のコワーキングスペースで対面授業を行ってきましたが、この度コロナウイルスの影響でオンラインを中心とした授業に移行しました。起業当初は僕も生徒の指導に当たっていましたが、今は主に集客関連、講師の採用と研修、経理関係などの業務を行っています。

「ビジネスとは顧客への価値提供」

起業に至った経緯を教えてください。

海外ビジネス武者修行プログラムに参加したことが大きなきっかけになりました。日本各地から大学生を募集し、2週間ベトナムに滞在してチームごとに実践的なビジネスを形にしていくプログラムなのですが、そこで挫折感を味わいました。このプログラムは結構大変で、チーム内で激しくぶつかり合ったり参加者の多くが泣いたりする中で、みんな成長して成果を残していくんです。でも僕は何も残せませんでした。それがすごく悔しくて、最終日にみんなの前で「日本でリベンジします!」と宣言しました。それで起業したという感じですね(笑)
振り返ると武者修行プログラムで失敗した一番の原因は適切な目的意識を持てていなかったことだと思います。このプログラムでは自分たちで考えたビジネスを発表して、1位を獲ると賞がもらえるのですが、その賞にばかり目がいってビジネスの本質的な部分、すなわち「顧客へ価値提供をする」という部分に目が向けることができていませんでした。
日本に帰ってきてからは、自分たちのビジネスで顧客をhappyにしたい、じゃあ自分に出来ることは何か、ということだけを考え、その結果、数学専門の塾を始めることにしました。数学に苦手意識を持っている学生は多いですし他の塾でも解決できていません。数学が教育のボトルネックになっているのではないかと考えたんです。

意図をもって解きすすめることが数学克服のポイント

生徒に数学を克服させるために数学塾MeTaが大切にしていることを教えてください。

問題に取り組むとき、意図をもって解くように指導しています。数学が苦手な子の共通点は意図がないことだと思います。だからなんとなく式変形してしまう。自分がどうしたいか、そのためにはどうすればいいのか、一つ一つ意図をもって解き進めてほしいんです。そのために、講師は生徒に「なんでそうしたの?」と聞くようにしています。生徒が思わぬ発想をしていることもあって、そんな時でも模範解答を示すのではなくて「じゃあ次はどうしようか」と生徒に聞き、そこから解く方法を一緒に考えていきます。あえて直接的な指導はしない。そうすることで思考力がつくのだと思っています。

オンライン授業にはいいことばかり

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにオンライン授業に移行したと伺いました。オンライン授業に移行していかがですか。

いいことばかりです。まず、これまでより低価格で提供できるようになりました。これまで家賃にかかっていた料金を抑えることが出来るので、対面で週1回の場合と同じ授業料で週3回授業を提供できるようになりました。僕たちの教え方は効果的な反面、どうしても時間がかかってしまいます。オンライン授業の導入はその問題を解決してくれました。他にも生徒の帰宅時間を考えなくていいため遅くまで授業が出来るようになりました。また、集客の面でもプラスに働きました。数学専門塾というニッチ・ビジネスのため、仙台市内だけでは集客に限界がありました。ですが、オンラインにしたことで生徒を全国から集められるようになり、生徒数増加に成功しました。
オンライン授業では授業の質が下がるのでは?と心配する方もいらっしゃいますがその心配はありません。うちの生徒さんは苦手な数学を克服するという課題意識を持って来てくれています。このように自発的に学習する生徒さんにとっては時間を自由に、かつ多く確保できるオンライン授業は対面よりも優れているといえます。また、学習計画を3日単位で作成することでやる気の持続を図っています。

enspaceの広いスペースとコミュニケーションの多さに魅力を感じる。

enspaceへは法人化前からご入居いただいておりますが、入居を決めた理由を教えてください。

生徒の人数の増加が大きな理由です。以前入っていたシェアオフィスでは生徒の利用に人数制限があり、生徒数が増加したことで新しいシェアオフィスに移る必要がありました。そこで別のシェアオフィスを探していたところenspaceを見つけました。
enspaceの広い空間は自習室として最適だったため入居を決めました。

enspaceを実際に利用されていかがですか。

まず、仕事場として最高です。他にも多くの人とつながりをもつことができました。以前もシェアオフィスに入っていましたが、そこでは入居者同士のコミュニケーションが全くありませんでした。enspaceは入居者同士のコミュニケーションが活発ですよね。僕は経営の知識がない状態で起業したので他の入居者の方に相談できるのは大きなメリットになっています。夜には皆さんとゲームをすることもありますね(笑)。また、塾生の自習室としてコワーキングスペースや会議室を使わせていただいています。他のコワーキングスペースではこういった使い方は難しかったので、enspaceの柔軟な対応には非常に感謝しています。

「数学が苦手だったらMeTaだよね」を目指して

春日さんの目標を教えてください。

多くの生徒の数学克服の手助けをしたいです。数値ベースでは20代前半のうちに数千人単位で生徒を集めたいと思っています。「数学が苦手だったらMeTaだよね」と言ってもらえるようになりたいです。いい大学に入ることを考えるならば、数学を使わない、という選択肢もあると思います。それでも数学を選んで苦手を克服したいと考えるなら僕たちはその子の力になりたい。意図を持って問題に取り組んで、分からなかったら分かるまで質問しまくる。数学の苦手克服は決して不可能なことではありません。数学塾MeTaに来てくれれば絶対に克服させます。

恥をかいてもいい。人はそれほど他人を見ていない。

最後に同世代の起業を考えている人々に一言お願いします。

とにかく行動することが大切だと思います。やらなきゃ見えないことが多くあるので。僕もはじめは模試会場前で模試帰りの子にチラシを配ることから始めました。そうやって学生のニーズがどこにあるか仮説検証を重ねていきました。
周囲の目が気になることもあると思います。僕もはじめはそうでした。ただ、逆の立場を想像して僕だったら挑戦している友人を馬鹿にするかと考えたとき、馬鹿にしないなと思ったんです。それからはあまり気にならなくなりました。失敗して恥をかいたっていいんです。みんなそんなに見てないので(笑)

その他の利用者の声

ご相談・お問い合わせ

Contact

施設・サービスに関するご質問や、取材のお申込みなど、お気軽にお問い合わせください。

toWorks TOHOKU メディアサイトはこちらtoWorks TOHOKU メディアサイトはこちら

Access Map

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace

地下鉄南北線広瀬通駅:徒歩10分

地下鉄東西線青葉通一番町駅 徒歩6分

JR線仙台駅:徒歩15分

Social Media